深浅測量

 

 海・ダム・池沼などの水面下の測量を音響測深器とGPSを使用して行います。海図の修正および船舶の航行安全のための水路測量、河川の定期横断測量、ダムの堆砂測量、海洋調査に活用されます。 GPSを搭載することでリアルタイムに現在位置を把握でき、従来の測深器による観測とマルチビーム測深器による面による精密な計測を使い分けることで、目的に合わせた計測を行うことができます。

 

GPS深浅測量、マルチビーム深浅測量

 




海底の三次元化


 

無人リモコンボート

 

 無人ボートの導入で遠隔操作による作業が可能となり、有人ボートでの作業が困難な場所にも対応しました。