業務内容

補償コンサルタント

工事を行う、建物を建てる・・・といった際には、用地の確保、営業活動の補償、周辺住民への配慮といった様々な問題を解決しなければなりません。 当社では調査から損失補償まで事業がスムーズに進むようサポートいたします。

物件調査

事業計画の支障となる建物に関して、プロがサポート

事業計画の支障となる建物の配置、種類、構造、敷地の形状などを通常妥当と思われる移転工法(再築工法、ひき家工法、改造、工法など)を決定し、 移転に必要な費用を算出します。 移転することができる工作物(フェンス・物置など)や庭木などの移植・伐採が必要な立木についての必要な費用および損失額を算出します。

工損調査

多くの建設工事で適用される地盤調査法

工事の影響で家屋に損害が発生した場合に、工事に起因しているか判断するため、事前調査と事後調査の対比を行います。 工事終了後に周辺建物に損傷が生じた場合、事前調査資料を元に建物の調査を実施し、損傷に対する費用負担額の算出や説明を行います。

登録部門

○土地調査部門 ○物件部門
○土地評価部門 ○営業補償・特殊補償部門
○補償関連部門 ○事業損失部門
○機械工作物部門