地上レーザスキャナ

TERRESTRIAL LASER SCANNER

Leica社製 ScanStation P40

Leica社製 RTC360

FARO社製 Focus 3D

短時間で三次元点群データ取得

地上レーザスキャナは、1秒間に最大100万点~200万点の三次元データを取得可能です。 迅速な計測が必要な場合、複雑な地形、計測対象に近づけない場合等に、対象物を短時間で精密に計測可能です。 従来の測量と比較した場合、作業時間の短縮が図られるとともに、安全性も向上します。

多種多様な処理

取得した三次元点群データを合成・ノイズ除去・メッシュ作成した後、断面抽出、平面図作成、三次元モデリングが可能です。

また、アニメーション作成を行うことで、現地を歩いているかの様なシミュレーション効果が得られると同時に、三次元点群データを鳥瞰図的に上空から眺めることも可能です。

三次元点群データよりモデリング

三次元点群データから三次元モデリングが可能です。三次元モデリングデータを利用して、三次元設計が可能になります。

三次元レーザ計測の流れ

三次元レーザ計測の流れは以下のとおりです。

計画準備

貸与資料の確認、基準点等の確認

作業打合せ

計測対象物、計測精度、成果品の確認

現地調査

基準点測量

三次元レーザ計測

データ解析

合成・ノイズ除去・メッシュ作成

各種図面作成

平面図・縦断面図・横断面図

モデリング、アニメーションの作成

電子データファイル作成

成果品の取りまとめ

    成果品
  • 測量成果簿
  • 図面(平面図、縦断面図、横断面図)2D-CADデータ
  • 三次元点群データ(閲覧ビューアソフト(無料)込み)
  • 3D-CADデータ(モデリング)
  • アニメーション(動画)

納品

お問い合わせ先

担当:山下

電話:0857-28-5191

FAX:0857-28-5192