マルチビームソナー

MULTI-BEAM SONAR

深浅測量を取り巻く状況

国土交通省では、i-Constructionのトップランナー施策の一つである「ICTの全面的な活用」として、平成29年度からICT浚渫工の導入がスタートしました。

弊社も水中のICT測量技術に注目し、3次元データを活用し、作業の効率化・精度向上を図るためにマルチビームソナーを導入しました。

マルチビームソナーとは…

扇状に多数の細いビームを形成し、3次元的に海底を計測する超音波ソナーです。

水深10mの場合、1m3に200点程度の実測ポイントを確保します。

プロジェクタにより横断方向に扇状(fan)の音を発振し、レシーバーで進行方向に扇状(fan)の受波ビームを生成し、この交点(フットプリント)の測深点を求めます。 クロスファンビーム方式とも呼ばれます。

計測範囲

計測範囲は以下のとおりです。

計測データ

人工リーフを計測しました。マルチビームを使用することで、3次元化され、人工リーフのどの部分が剥落しているか明確にわかります。

【人工リーフ状況①】

【人工リーフ剥離箇所】

【人工リーフ状況②】

お問い合わせ先

担当:西尾、森

電話:0857-28-5191

FAX:0857-28-5192